壬生町の動物病院は歴史ある奈良部動物病院へ-犬・猫・小鳥をはじめ競走馬の診療には実績のある動物病院です。 ホームドクターは信頼の「奈良部動物病院」へ

総合医療サービス 壬生町の奈良部動物病院
奈良部動物病院  スタッフ
奈良部動物病院  医療環境・医療設備
最新設備の整った手術室 奈良部動物病院
よくあるご質問 奈良部動物病院
アクセス

信頼・ホームドクター

当院は、昭和初期から壬生町の動物医療に携わって参りました。
時代の変化と共に、軍馬・農耕馬・肥育牛・豚などの獣医療を経て、
現在は 4代目も加わり、小動物と馬の診察を常勤獣医師4名で行っております。
◆ 当院を選んで来てくださった方に出来る限りのことをして差し上げる。
◆ 口の利けない子たちの苦痛を理解し、病気を治して差し上げる。
それが私たちの仕事だと思っております。
奈良部動物病院のアイデンティティーは最新の獣医学の進歩に遅れることなく、知識と技術を研鑽し、最善の方法を飼い主様と共に考え、治療していくことです。

当院よりお知らせ

夏期休診日のお知らせ

お盆期間中の休診日は以下の通りです。
日曜・祝日は診察は終日休診となります。

※休診日はペットホテルのみの対応となります。

 ご注意ください。top_05

●8月11日(日)休診日
●8月12日(月)休診日
●8月13日(火)休診日
●8月14日(水)休診日
●8月15日(木)休診日

●当院休診日・診察時間外は ER 宇都宮インターパーク動物病院 にお問い合わせの上、受診ください。
ペットホテルの詳しいページを見る
ER 宇都宮インターパーク動物病院のホームページを見る

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

フィラリア予防忘れていませんか?

犬も猫も!蚊が運んでくる病気[フィラリア症]の予防を忘れずにしましょう。

C&F
■フィラリア予防強化シーズン5月頃~12月頃まで
*蚊が出た1か月後から 蚊がいなくなった後1か月後までの投薬が最低限必要となります。

詳しくはこちらをご覧ください。
■2019年 フィラリア予防について
フィラリア予防強化シーズン5月頃~12月頃まで

■フィラリア検査と一緒に血液検査による健康診断も実施中です。
健康診断キャンペーン2019 for Dogs

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

壬生町 犬・猫避妊手術費の補助がうけられます

壬生町では犬と猫の避妊手術に対して補助金が出ます

■平成28年4月1日から開始となり、多くの方が申請をされています。

●メス犬 ¥5,000
●メス猫 ¥4,000

※補助金に対する町の予算額には限りがあり、年度途中で受付が締め切りとなる場合があります。

■補助を受けるには条件があります。

壬生町役場ホームページにて詳細をご確認ください。

犬猫の不妊手術費補助金について 壬生町公式WEBサイトはこちら

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

狂犬病予防注射 開始

注射当院での平成31年度の狂犬病予防注射は4月1日(月)より開始となりました。
壬生町以外にお住いの方でも、当院にて接種が可能です。
狂犬病予防注射は、法律で定められた義務です。毎年忘れずに接種しましょう。

※役場から届くハガキをご持参の上、ご来院下さい。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

トリミングポイントカード終了のお知らせ

○●ポイントカード発行終了のお知らせ●○
ご好評いただいていたトリミングポイントカードは、随時終了させていただくことになりました。
10%割引サービスの実施は継続しております。
現在お持ちのカードは最後までご利用いただけます。

関連ページ:トリミング

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

猫ちゃんの健康診断

top_04

元気に見えても実は病気… なんてこともあるかもしれません。

血液検査・全身チェックで病気を早期発見しましょう! ■元気な時から定期的な健康診断を! 詳しくはこちら 動物病院の検査情報サイト Care My Pet ■ご予約不要 ※尿検査・便検査ご希望の場合は、採取したものをお持ちください。 採尿セットが必要な方は、事前にご来院ください。無料で採尿セットをお渡しいたします。


■血液検査&全身チェックによる健康診断

 +ご希望で以下のオプション検査の選択追加が可能です。


 

■追加オプション検査

  •  ●心臓マーカー

    心臓病の早期発見に。猫の心臓病は見た目や聴診だけでは気付きにくいです。 血液検査の追加項目として検査します。

  •  ●血液型検査

    急な輸血が必要となった時の為に。血液型を把握しておきましょう。

  •  ●甲状腺ホルモン検査

    高齢の猫にお勧めです 血液検査の追加項目として検査します。

  •  ●膵炎検査

    吐き気/下痢/食欲不振がある場合にお勧めです。 血液検査の追加項目として検査します。

  •  ●猫エイズ・猫白血病ウイルス検査

    感染の有無・一度検査した事があっても再検査によるチェックが推奨されています。

  •  ●甲状腺ホルモン検査

    高齢の猫にお勧めです 血液検査の追加項目として検査します。

  •  ●尿検査

    尿石症や腎臓病のスクリーニングになります ※採尿セットが必要な方は、事前にご来院ください。無料で採尿セットをお渡しいたします。

  •  ●尿たんぱく検査

    腎臓病の早期発見につながります ※採尿セットが必要な方は、事前にご来院ください。無料で採尿セットをお渡しいたします。

  •  ●便検査

    寄生虫の卵が便に出ていないか、下痢をおこす菌が出ていないかを調べます ※便検査ご希望の場合は、採取したものをお持ちください。

  •  ●レントゲン検査
  •  ●エコー検査

    検査する部位により価格が異なります



動物病院の検査情報サイト Care My Pet

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

マダニの脅威!そのマダニとらないで!

犬も猫も!マダニ予防は万全ですか?

ニュースでも話題となっているSFTSという病気はご存知ですか。


“SFTS 重症熱性血小板減少症候群”は人間が、そのウイルスを持ったマダニにさされると、2割くらいの方がなくなる可能性のある非常に怖い病気です。※栃木県でもSFTSウイルスを持っているマダニは確認されています。

犬・猫は外に出ると、直に草むらなどを歩くため、人間よりもマダニにさされる可能性が高くなります。
当院にご来院の犬や猫でも、ダニにさされたことに家で気付かず、診察やシャンプーのご来院で偶然見つかる ということが非常に多くあります。
 

■もし、ペットにマダニがついていたら・・・

①取らない:感染症にかかってしまう危険性があります。絶対につぶさないでください。
②予防薬をつけていなければ、動物病院へ
 →その子にあったマダニ駆除薬を一緒に選びます。
※きちんと予防薬を使っている場合は・・・
 →薬により、マダニに効くまでの時間が少しかかる場合があります。
 2日くらい待ってもマダニがくっついている場合は、動物病院へご来院ください。

■かわいいペットのためにも、ペットと密接に暮らす人間の為にも、安心して暮らしていくけるよう、予防を徹底しましょう

当院では選べる予防薬をご用意しています。
ご自宅で簡単に始めることができます。
●犬用:おいしいおやつタイプ、首筋にたらす液剤
●猫用:首筋にたらす液剤
体重により使用する薬のサイズが異なりますので、動物と一緒にご来院いただくか、体重を測定してご来院ください。
 
厚生労働省 SFTS 重症熱性血小板減少症候群についてはこちら

国立感染症研究所 SFTS 重症熱性血小板減少症候群についてはこちら

犬猫のSFTSについてはこちら

SFTSについての最新ニュース記事はこちら

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

獣医師の予定

獣医師の予定

ペット保険対応

各社ペット保険に対応しています。 ※アニコム損保のみ窓口清算可能です。

各種クレジットカードが
ご利用いただけます。

VISA,MasterCard,JCB,AMERICAN EXPRESS,Diners,DISCOVER
オンラインショップ奈良部動物病院
求人情報 公益社団法人 栃木県獣医師会
Top